スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬たちのため・・・

今朝電話が鳴った
1ヶ月ほど前に聞いていたジャックラッセルの飼い主さんからだった・・・
先月の電話は
ふうちゃんが病気になった
リンパ性腫瘍で2ヶ月の余命を宣告された
苦しくて、どうしていいかわからず電話した・・・
と言う内容だった
今朝のは・・・
あまりに苦しそうで、看ていられなくなり
昨日安楽死をしてもらった

先天性の可能性のあるわずか5年での発病だった
私は、よく決断したこと飼い主さんの労を労った
安楽死については賛否両論あるが
私個人は、病気で苦しい思いをしている愛犬に
少しでも長くそばにいてほしいというのは
人間のエゴかもしれないと思う

中学生のころ飼っていた犬は、家族旅行のため
父が保健所に連れて行ってしまった
今でも、申し訳ないと思う
その後の愛犬たちはみんな、老衰で送っているため
安楽死の経験はわが子ではない

しかし、33年ほど前務めていた獣医で
噛み付きで里親が見つからないペキニーズの安楽死を補ていした
噛み付きで危ないから手を出さないで・・・
と先生に言われていたが準備が整うまでの間
テーブルに乗せそばにいた私に
そのペキが寄ってきた
噛むのか?
と思ったら・・・
私の胸にあごをつけたすけて・・・・
と言う顔で目に涙をためて訴えた
その数十分後その子は私の腕の中で
眠りについた

長い仕事の中で、今でも忘れられない

飼い主の都合で悲しい運命をたどる犬は本当に気の毒だと思う
しかし、病気で苦しんでいる愛犬を看るのもつらい
決断するまでにそれなりの葛藤を越えるため
飼い主がどれだけ悩み苦しんだかと思うと
ふうちゃんを楽にしてくれたお礼を言った

そんな今朝の涙が乾かぬうちに
とらままのブログを読んだ

ブリーダーは必要ですか

ココをぜひ観てほしい
BSでだいぶ前に放送されたものだけれど
5回に分けてYOUTUBEにアップされたものだ
ぜひ、最期まで観て頂きたい

そして
eliさんのブログにはこんな記事が・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今年は5年に1度の動物愛護法改訂の年です。

それに伴い、「パブリックコメント」を環境省が募集しています。

郵送、FAX、メールでの受付。

1名1票です。4人家族で4票!

お友達誘って更に1票、そこから更に。。。



前回は、賛成9500票(業者票)  VS 反対200票(一般) という

信じられないような結果で惨敗しています。



今回パブコメを募集している改訂内容は 以下の通り。


1.
深夜の生体展示規制

犬猫オークション市場(せり市)

2.犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢
3.犬猫の繁殖制限措置
4.飼養施設の適正化
5.動物取扱業の業種追加の検討
(動物の死体火葬・埋葬業者、両生類・魚類販売業者、老犬・老猫ホーム、動物の愛護を目的とする団体、教育・公益目的の団体)
6.関連法令違反時の扱い(登録拒否等の再検討)
7.登録取消の運用の強化
8.業種の適用除外(動物園・水族館)
9.動物取扱責任者研修の緩和(回数や動物園水族館・動物病院の扱い検討)
10.販売時説明義務の緩和(犬猫以外の小動物等での説明義務項の緩和の検討)
11.許可制の検討(登録制から許可制に強化する必要性の検討)


現在はこれが、業者の都合のいいように法が認めてしまってるわけです。

もちろん、真面目な業者の方々もたくさんおられるでしょうが、

今回のパブコメの反対票の総数如何で改定され

悪徳、劣悪ブリーダーや犬商売の餌食になっている何万ものワンコ達を、

救い出し、今後作らずに済むことになります。

目を背けてしまう映像や悲惨なワンコ達の姿を作り出さずに済むんです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎年受ける動物取り扱い業の更新年度の今年
業者の都合優先の繁殖・販売などに皆さんのご意見を
出せるのです
こちらもぜひ、ご覧になって頂けたらと思います

動物愛護法の適正化のために


一度にすべてがBESTになることは難しいかもしれないけれど
少なくとも、前進しているんです
動物愛護先進国と言われる、イギリスでも前出のような問題もあります
まだまだ、動物愛護後進国の日本だけど
文殊の知恵を出し合って動物たちが安心して暮らせる日本にしたいものです
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

沢山の出来事
拝見して、考えさせられる事多く・・

「ブリーダーは必要ですか」
まだ1本目を見終わったところですが
なにをやってるんだ、人間!!の憤りすらおぼえそうで・・

パブリックコメントに関しても
思うところが沢山あります

あ^^;そのまえに、記載ありがとうございました❤

動物に対する幸せの物差し
人それぞれ違うところも多いかと思いますが
それでも「人として」という視点でとらえ
ご自分の価値観に準ずるところだけでも投票いただければ・・と、思います。。

あ~~
せないちごさんと語りたいわ~!!

No title

本当に胸が苦しくなりますね・・・


各都道府県でやっている講習会!あの無意味な半日に支払っている費用。
いったい何に使われているのか?

先日真っ白な綺麗な封筒で更新代振込み用紙が届きました。
毎年最後のアンケートにここにあるような事をみんなで書いて提出したりもしていますが…

日本って何か変わるんでしょうか?って首傾げてしまいます。

ピーチ・ドリームさん

そうなんですよね~

毎年もう少し意義深い内容の勉強をさせてもらえないかと・・・

今の時代、プロと呼ばれる人より一般の方のほうが情報を持っているし
金儲けがうまい人がプロと言う時代になってますね

日本が変わるんじゃなくて
せめて、動物に関することは変えていく努力をしなければ
いけないんでしょうね・・・
37年変わってこなかったけど
パブリックコメントと言う形ができて
末端の業界人や動物を愛する飼い主さんたちの声が
届くなら、前進したと言えるのかもしれません
私がそれを見届けられるかは解らないけど
先人にも同じ思いを抱いていた人もいたはず・・・
変えてやろうじゃないの!!

eliさん

ごめんね~投稿したはずなのに
失敗しちゃった・・・

それぞれ思うところも、考え方も違っていいんだよね
根本に動物を愛する気持ちがあっての意見は
みんな同じじゃなくても・・・

動物たちの生死を直接目にすることの多い
私たち業界人は一般のかたと少し違う考え方もあるかもしれないけど・・・

自分の物差し
それでいいと思う
長くても短くても・・・
だって、みんな同じ長さじゃ
何も変わらないし、変えられない
変えていかなきゃいけないこと山盛りだ~

語り明かすってのも、一つの方法なのかもね!!
待ってるよ!
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

DOGBUDDY

Author:DOGBUDDY
BUDDY3ブログへようこそ!

家付き娘のビーグルいちご・へたれスタンプーBUDDY・ヤンキー丸出しBASILとのアジリティやら、初孫の成長やらつれづれに書きなぐってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。